2010.8.23.e-Matrix 新しい選択・・フラクショナルRF

新しい美肌マシーンを紹介いたします。

世界初のフラクショナルRF(高周波)e-Matrix(eマトリックス)です。

 

 eMatrix2.jpg 

 

 

 

 

コンパクトでデザインもかっこいい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パソコン程度の大きさです。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


前回ブログの自分治療「ウルサーマ再び」の翌日に初体験です。

 e-Matrixは、オーロラ(フォトRF)やポラリス、リファームST(たるみ治療)で有名なシネロン社のニューマシーンです。実はプロトタイプが2年前から私のクリニックに設置してありましたが実用化のめどが立たず、結局プロトタイプはお返しし、全く新しいマシーンになったので、再度クリニックに導入することにしました。

フラクショナル・レーザーのフラクショナルの技術をRF(高周波)に拡大応用したのがe-Matrix(イーマトリックス)です。シネロンはこの治療をSublative(サブレイティブ)と命名しています。皮膚の表面よりも下(sub)を熱による剥離(Ablative)すると言う意味らしいです。命名好きの私の心をくすぐります。

 

実は2年前には???と思っていましたが、最終的に良いできに仕上がっています。さすがシネロン!無茶ぶりを商品化に持っていく技術力に脱帽です。

 

フラクショナル・レーザーとRFの違いは、真皮層での熱の広がり方。

    

 

 

 

 

レーザー熱拡散.jpg             

   

レーザーは皮膚の深部に         

行くにしたがい、熱が弱まります。

かならずしもではありませんが、深く熱を及ぼそうとすると、

表面の損傷が大きくなる傾向があるのです。

 

 

 

 

     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Sublative.jpg

 

フラクショナルRFは、

皮膚の深部に向かいむしろ広がる

性質を持っています。皮膚表面の損傷の割に、

一定の深さの損傷程度と治療効率が高まります。 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



絵に描いた餅と思いきや、やってみて、なかなか納得してしまいました。

とにかく、自分でやってみるのが私の信条です。

一番軽めのモードですが、痛みは、麻酔の必要ない程度です。ダウンタイムも軽く、日焼け程度の微小な点状のかさぶたで、お化粧も問題ありません。

ニキビ跡治療は、強いモードが必要ですが、レーザーとは違う味が出るかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

eMatrix照射.jpg直後に赤み、ひりひりがありますが、フラクショナル系としては、ダウンタイムは軽い方です。

 

1週間で皮膚がパーンとします。

毛穴もかなり良いです。

こめかみに銃口を当てられているような絵です。

 

 


 Matrixgun.jpg 

 

 

 

eマトリックスの照射ハンドピースです。この形・・・・

どうしてもワルサーPPKを連想します。デザイナーはガンマニアかも。

 

 

 

 

 

9月より、治療スタートです。
初心者からマニアまで、かなり幅広い層にお勧めできるフラクショナルです。